爪水虫の市販薬で治療|悩みを解消

爪水虫の市販薬で治療し、悩みを解消しましょう。
MENU

爪水虫の市販薬で治療

爪水虫は普通の水虫よりも始末に負えない悪い水虫で、
原因の菌は白癬菌というカビ菌ですが、一旦爪水虫に罹ると簡単には治りません。

 

爪水虫とはどんなものか
爪水虫は爪白癬とも言い、カビが爪を含む皮膚に感染するもので、皮膚真菌症と言います。
真菌はカビ菌のことで、このカビ菌が皮膚にするのですが、
爪水虫は白癬菌と呼ばれるカビ菌が原因です。

 

いわゆる爪の水虫ですが、虫(ムシ)とは違い、カビが原因なのです。
白癬菌は皮膚の角質層や爪あるいは毛穴にとりついて、
ケラチンというタンパク質を栄養源に増殖します。
性質としては、高温多湿で繁殖しますが、温度が20〜40度で、
湿度が60%以上の環境が適しているようです。

 

 

爪水虫は白癬菌が爪に感染した場合
爪水虫は爪に白癬菌が感染した場合で、爪白癬とも言われます。
白癬菌が感染する場所により病名が異なり、足に感染すると足白癬、
身体に感染すると、たむしで、股間に感染すると、いんきんたむし、

 

さらに手に感染する手白癬もあります。
推察ですが今日本では10人に1人が爪白癬に感染しているとのことで、
人口が1億2000万人だと1200万人にのぼります。

 

 

爪水虫の治療は塗り薬ではなく飲み薬
最新の治療法には保険適用外でのレーザー治療がありますが、一般的ではないようです。
通常は皮膚科で処方される飲み薬になりますが、薬を飲んでも爪水虫が治るためには、
爪が生え変わるのを待たなければならないので、完治するには1年ほどはかかるようです。

 

つまり爪が生え変わる期間は手の爪が3〜6ヶ月、足の爪が6〜10ヶ月なので、
根気よく治療しなければなりません。
ちなみに飲み薬にはテルビナフィン(ラミシール)や
イトラコナゾール(イトリゾール)がありますが、
肝機能障害を起こす可能性があるので、定期的に血液検査を受けなければなりません。

 

なお、両方とも医師の処方箋が必要で、普通に市販はされていません。
ちなみに普通に考えると塗り薬のほうが効果があると思ってしまいますが、
原因菌の白癬菌は爪や皮膚の奥まで入り込むため、
外からではクスリの成分が直接届かないのです。

 

付記しますと、白癬菌はしぶとい菌なのでなかなか死滅しなく、しかも感染しやすいので、
他人に感染する、あるいは他人から感染することがしばしばあります。

 

 

爪水虫の飲み薬の副作用

爪水虫に塗布薬で対処する場合もありますが、
白癬菌が入り込んでいる奥部までには届きにくいので、
飲み薬を使うのが主流になっています。

 

しかし、この服用薬(抗真菌薬)で副作用が出る場合もあります。

 

よくある副作用

主に、肝機能障害、肝機能低下、胃のムカムカ感、腹痛、
下痢などに見舞われる場合がある事が判明しています。

 

肝臓で薬を分解する折に、肝臓に多大な負荷が掛かる事が多いので、
肝臓の弱い方には原則出されません。

 

また、妊娠・授乳期間中の方にも出されません。
そもそも、上記のような症状に見舞われるケースが多いため、
悪化を防ぐという意図がそこにはあります。

 

血液テストをするので安心

ですから、まずは肝臓のチェックをします。
そのためには、血液テストをすればそれで済みます。

 

血液テストによって、肝機能の状態は判断できますし、
薬を飲み始めてからも、異変が起きれば即座に血液から察知できます。

 

このような体制がありますので、テストをした上で薬を出された方が、
副作用に見舞われる事はまずありません。

 

飲み薬の留意点

サプリ、市販薬、医療機関で出される薬など色々あるでしょうが、
とにかく用法用量を厳守するようにして下さい。

 

たくさん飲んだところで、長い治療期間が短くなるような事はほぼあり得ません。
爪水虫 市販薬 治療

更新履歴

メニュー

このページの先頭へ